最新レポート

レポート

2011年08月03日
第7回(伊予銀行杯)全日本女子硬式野球選手権大会

第7回全日本女子硬式野球選手権大会が開催され、マウントGirlは公式戦で、初勝利しました。

マウントGirlは、予選リーグの第1試合でハマンジ(埼玉県)と対戦し、2対2で向かえた最終回(7回裏)に2アウト走者3塁の場面で2番友永選手が打ったショートへの打球が相手のエラーを誘い、見事、サヨナラとなり、公式戦初勝利をもたらしました。

№8 友永 麻耶選手 予選リーグ2試合目の神村学園高等部の試合は、前のハマンジでも好投した大倉投手が先発し、見事、7回を0点に押さえ込む好投を見せました。
しかし、神村学園の上村投手から得点を奪うことができず、0対0の引き分けとなりました。

先発した№5 大倉史帆里選手

予選リーグの結果は、マウントGirl及び神村学園が1勝1分と並び、さらい失点率、得失点率が同率となりましたが、総得点で神村学園を上回ることができず、予選リーグ敗退となりました。

この大会は、マウントGirlにとって、大きな一歩を踏み出したと感じています。
これからも、応援のほど、よろしくお願いします。

レポート一覧に戻る

このページのトップへ

Copyright©Yamaguchi Hofu BaseballClub. All rights reserved.